スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
【仮】ゲームルーム
日本では『あり得なーい』と思われそうな、ゲームルーム。アメリカでは、ゲームルームがあるお家も結構あり、ビリヤード台・ポーカーテーブル・卓球台などを置くが主流。

Poker

会社の新年会"カジノ・ナイト"の後、すっかりポーカー好きになった私。
☆こちらの記事を参照☆Casino Night!!

前々から夫が欲しがっていたポーカーテーブルをネットで注文しちゃいました♪10人座れるものですが、折りたたみ式なので収納も簡単・スッキリ。

少し前までは、週に1回くらい友達とポーカーをしていた夫。でも引っ越してからは少し疎遠になってしまった様子です。現在の夫の目論みは、ここに友達を呼んで前のようにポーカーをやること(笑)。

ポーカーテーブルが陣取っているのは、全く未使用だった地下室の一室。地下室と言っても、この部屋の南側は地上に出てるので日光が差し込みます。

Poker

テーブルの上に寂しげに佇むのは、夫が持っていたポーカーセット。ここ半年以上深い眠りについていたけど、もうすぐ日の目を見れるかも…。

Poker

あとは、10脚の椅子を買い揃えるだけ!なのですが、安くて、座り心地が良くて、重ねて又は折り畳み収納可のモノがなかなか見つからず。しばらくネットサーフィンの日々になる予感大です。

やっぱり、最後の頼みの綱はIKEAかな?
スポンサーサイト
[2009/02/22 22:45 ] | 新居生活<ベースメント> | コメント(8) | トラックバック(0)
女人禁制な夜
家庭を持つアメリカ人にとって、金曜日の夜から週末は家族の時間。

…という暗黙の了解を、社会人になってみて実感してきています。ビジネス関連のパーティーや飲み会は、大抵、金曜日を避けて木曜日の夜。夜更かしして、金曜日に多少寝不足でも「明日から週末!」と奮起して仕事に励めるからかな。

PokerT1

そんな暗黙の了解を守ってか守らずか…木曜日の夜に我が家で開催された、初ポーカーナイト。私も参加したいところでしたが、ずっと後回しにしていた仕事の締め切りに追われ、断念…。今回は、"女人禁制"の夜となりました(笑)。

PokerT2

買ってから暫くの間、またまた放置されていたポーカーテーブル。ついに安くて座り心地のいい椅子を発見したので、今回やっと活躍の機会が与えられました。私たちの小さな車では1脚の椅子も運べず、ピックアップ・トラックを持っている友達を駆り出すはめに…(涙)。

Chairs

ポーカー終了時には日付が変わっていましたが、椅子がキチンと重ねてあったので驚きました。さてあとは、ビールを冷やしておけるように地下室に冷蔵庫が欲しいところ♪冷蔵庫があれば地下キッチンの使用用途も増えるかも!と今から妄想。

写真ではわかりにくいけど、実はアウトドア用の椅子です。デックでも使えるかなと画策中(笑)。
[2009/03/28 10:54 ] | 新居生活<ベースメント> | トラックバック(0)
ホームジムでゴシップ♪♪
引越してすぐ、主寝室のベッド購入と前後して、ジム機器の調達に走った夫と私。特に必要に迫られていたわけでもないのに、一見、理に適わないように思われる、この危行…。

Gym

前に住んでいたアパートやコンドミニアムには共有のジムが備え付けてあり、「ジムがすぐ下にある」という安心感(だけ)で、心の平静が保たれていた私。この怠惰な思考回路を踏まえると、自分が主張した『ホームジム必須論』にも自分で納得。

ホームジムとして活用中なのは、地下にある一部屋。ここには小さな窓が一つしかないので、ゲストルームにするのは気が引けますが、ジムとしては最適です。

Gym

基本、有酸素運動にしか興味がない私は、Elliptical(エリプティカル)のみで満足。エリプティカルは、関節に負担が少ないと言われている楕円の動きを促すマシーン。「関節を痛めるほど運動しないくせに…。」と突っ込む声も聞こえますが、昔から、これ系統のマシーンに首ったけ(笑)。

横にあるのは、夫のウェイト・リフティング関連のもの。重いおもりを段々と増やすと言っていたけど、一向に増えないのは、私と一緒になってジムをさぼっている証拠…。

Gym

最近になって、またジムに通い始めた私たち。何に釣られているのかと言うと、人気のGossip GirlというTVドラマ(…多分、ティーン向け)。一本が45分位で、小難しくなく、でも次回が気になるようなもの、という選考基準に沿って選ばれたもの。

ゴシップ・ガールは、マンハッタンのアッパーイーストサイドにある上流階級の子供が通う名門私立高校を舞台にした、ティーンセレブのスキャンダラスな私生活を描いたドラマ。以前、小耳に挟んでから気になっていた私が、「このドラマをジム用にどうか」と夫に提案。

最初は乗り気じゃなかったのに、意外や意外、今では夫の方が「今日はGossip!」と張り切りまくり(苦笑)。

NYではゴシップ・ガールに出てくる世界が本当に存在するのでしょうか。
[2009/05/26 06:24 ] | 新居生活<ベースメント> | トラックバック(0)
地下バスルーム
友達の結婚式に出席するため、夫が二連続で週末に留守。ここぞとばかりに、日本から遊びに来ている母と二人で、地下室を中心に家の中の手直しを決行。リフォーム作業は、不器用な夫抜きでやってしまった方が楽(笑)。


前オーナーが内装を施した地下室は、細かいところで目立つ手抜きの数々。しかも、排気口からコンセントのカバーまで、全てが金ぴか。白いカバーの方が普通は安いので、これは「わざわざ」前オーナーが選んだ、と解釈していますが…素通りできるのも限界に達し、スプレーペイントで白く変身させることにしました。

地下にあるバスルームの中に氾濫していた金ぴかも、撲滅されつつあります。蛇口はさすがにスプレーペイントできなかったけど、コンセントカバー+引き出しの取っ手はスプレーペイントを使っただけの安上がりな化粧直し。

 

でも初めてここのシャワーを使ってみて、タイルの間から微かに水漏れを発見。マスターバスルームのシャワーにも水漏れがあるし、三つあるシャワーのうち、生き残っているのは一つだけ。早めに直さないと…と思うものの、アメリカ人のコントラクターとなかなか連絡がとれず、四苦八苦(涙)。

とりあえず、水漏れは放っておいて、今日は地下室の廊下をペイントする予定。
[2009/06/07 23:42 ] | 新居生活<ベースメント> | トラックバック(0)
地下のWisdom計画
日本から遊びに来ている母と一緒になって、ペンキ塗りに精を出している昨今。ついに、地下にあるファミリールーム+キッチン+廊下部分のペンキ塗りが終了しました♪♪


「母が平日に細かいところをハケで担当(重労働)、私が週末に参加してローラーで仕上げる(簡単)」という作戦だったので、すっかり母はハケ塗り熟練者に成長。…それに引き換え、ローラー係りの私は、おいしいとこ取り状態(笑)。ローラーだと一気に広範囲を塗れるので、進みも速く、やり応えがあります。

将来のResale(転売)を考えて、色はなるべくニュートラルにするのが一般的なのですが、ちょっと冒険もしたかったので、薄い緑のような青のような灰色のような、Behr社のWisdom色にしました。日光の射し加減で、色味が違って見えるのも、一興です。

<ライトの関係か、なんとなく青く見える地下キッチン>

引越しなどで薄汚れていたドア、窓枠、装飾材も、白く塗って、クッキリハッキリ。壁の色がより映える、白ペイントの威力…侮れません!これも全て、母の日々の労力の賜物☆


一階にあるリビングには、まだ家具がそろっていない状態なので(笑)、地下室のリビングで過ごす時間が多い私たち。地下がキレイになったことで、また一層、一階にあるリビングルームの出番が遠のいたような…。

一階のリビングルームは使わなくても、ファミリールームは使いたい!!あとは、ケーブルTVを繋ぐだけ…だけど、夫任せなので時間がかかりそう。
[2009/07/20 07:30 ] | 新居生活<ベースメント> | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。