スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
麻酔医、我が家へ。
ここ3日間、設計図の仕上げで忙殺されてました。土・日で仕様書を終わらせ、月・火・水で設計図の仕上げ。今までで、一番に忙しかった!


そんな時に我が家を訪れたのは、夫の高校時代の友人、Carolineちゃん。麻酔医になるために、メディカル・スクールに通っている彼女。フランス人の父とベトナム人の母を持ち、メーク要らずのお顔立ち。まさに才媛!

そんなCarolineちゃんが、医師免許に必要な試験を受けに、私たちの住む街へ。月曜日の夜に到着し、火曜日は1日中試験。「大切な試験」+「初の宿泊客(家族以外で)」ということで、そわそわ落ち着かない夫と私…。

暖房がうるさいから、寝てる間は消した方がいいと思う
じゃあ布団は2枚必要かも
枕は厚めのと薄めのを二つ用意しとこう
明日の朝迷うといけないから、カーナビもっていく?
もうこんな時間。早く寝て寝て!

そんな何かとウルサイ二人を尻目に、余裕の表情な当の本人。話を聞いてみれば、その試験というのは筆記試験ではなく、口頭試験。しかも俳優たちが患者役・彼女が医者役で、受け答えを審査されるとのこと。なんだか冗談っぽい話ですが、本当の様子。

そんな俳優のニーズがあったとは(笑)。台本があるんだろうけど、すごい突拍子もない症状を訴えられそう…。

無事に試験も終わり、水曜日の朝にはお別れ。夫と私は会社へ。彼女は家でゆっくりしてから、お昼の便で帰宅。

Flowers2

夜、私が家に帰ってくると、台所においてあったのはキレイなお花。花瓶まで用意されていて、お礼のカードも添えられていました。


麻酔医の卵に恋する瞬間。もちろん、自分が男だったら、の話♪
スポンサーサイト
[2009/01/22 10:15 ] | 理系オンナの閑談 | コメント(3) | トラックバック(0)
非日常@コロラド
夫の親友の結婚式に出席するため、コロラド州Beaver Creekに行って来ました!

CL

教会のすぐ横は、ゲレンデ。コロラド出身の新婦さんに似合う、雪で囲まれた結婚式場でした。豪華な結婚式+披露宴で、有り余る幸せを分けてもらった感じ♪

CL

せっかくのコロラドなので、結婚式の後3日間はスキーを楽しみました。スキーとスノボ好きな夫と友達は、ほぼ毎年コロラドで集結。ちょっとした同窓会になりつつあります。

CL

アメリカはカップル単位の行動ばかりなので、私も誘われますが…。リフト券が高い(約1万円/日)ので、毎年は行く気になりません(汗)。


それプラス、夫の友達と英語で話すのが、ちょっとしたストレスでもありました。でも働き始めて少しは英語が上達したらしく、今回は会話も楽しめたかも(嬉涙)。

来年は自分のスキーブーツ+ヘルメットが欲しいナ~★
[2009/03/07 22:12 ] | 理系オンナの閑談 | コメント(7) | トラックバック(0)
憤るご近所さん
街中を車で走っていると目に入ってくるのは、数々の"HOUSE FOR SALE"の看板。たくさんの家が売りに出ていて、今やアメリカは買い手市場の真っ只中…。

Signs

我が家があるのは、9軒の家(似たつくり)が集まった小さなSubdivision(=住宅地の一画)。その中の一軒が、今年の1月頃から売りに出ています。私たちが買った時(1年弱前)よりも、800万円ほど安い価格設定…。不動産大不況。家の値段がどんどん下がっています。

この家が売れた場合、周りの家の価値もその売値を元に決まってしまうので、近い将来に家を売ろうとしていた他の住民達に不安は飛び火。

先日のHOA(Homeowners Association=マンションで言うところの理事会)ミーティングでは、「今売り出し中の家が及ぼす影響」についても話し合われました。渦中の家主には前もって、『不動産価値が回復するまでは賃貸に出して、それから売ってくれないか』という提案がされていたようですが、家主の答えはNOのようでした。

現状のSubdivisionの決まりでは【賃貸禁止】になっているので、「ルールを変えよう!」という動きまで出ていて、なかなか興味深いミーティングでした。

このSubdivisionの運命を左右する家から今後も目が離せません(笑)。

9軒しかないSubdivisionの内の2軒が同時に売りに出るという噂も!オソロシイ…。
[2009/03/16 20:33 ] | 理系オンナの閑談 | トラックバック(0)
家事分担、改良中。
「家の中が散らかってくると、ストレスが溜まる」 
実はこれ、最近になってようやく気がついた自分の習性。
Taniku

そう言えば昔から、<基本の生活リズムを乱さないこと>大重視だった私。大学時代にCaliforniaのSan Diegoで短期遊学(笑)していた頃…寮で友達と盛り上がっていても、次の日の朝に授業があれば、決まった時間になるとサッサと就寝。友達は「ゆうちゃんは自分の生活を乱さないねえ」と呆れ顔…。変なところで一匹狼ぶりを発揮していました(苦笑)。

「基本の生活」の中には、【住】も大きな割合を占めているらしく、家が乱れてくると、自分の芯がぶらつくような感覚に陥ります。これってもしかして「奥さんが家を守ってくれていると仕事に打ち込める」という、古くからの男性心理に繋がるのかも…!?と最近思ったり。
RedDiffuser

残念ながら慎ましやかな奥さんはいないし、自分がなるのはもっと無理な話。今までは週末に「私は掃除機をするから、その後をSwifferでお願い」と夫を巻き込んで掃除していました。(Swifferというのは、日本で言う、クイックルワイパーみたいなもの。)

でも実は、洗濯物(洗濯・乾燥・片付け)は夫の「担当」。夫の洗濯物が私の10倍くらいあることから、本人が言いだしっぺでやり始めたことなのですが…さすがに、この家事分担って不公平!と気付いてしまった私(笑)。ちなみに、料理は二人で共同作業。

今週から、使用頻度が高い1階の掃除を毎日少しずつ、私一人で(!!)することに。これで、「1階の掃除は私が"担当"した!」って胸を張って言えます(笑)。1階はハードウッド・フロアなのでコードレス掃除機とSwiffer両使いで汗知らず…ですが、カーペットの2階と地下室は、重いコード付き掃除機を引きずって、週末に二人がかりで掃除をすることになりそうです。これがちょっぴり憂鬱。

家中のカーペットをハードウッドにしたい…と、またまた目論み中。

写真は、最近仲間入りした癒しグッズたち。多肉植物とアロマ・ディフューザー♪♪
[2009/04/01 12:15 ] | 理系オンナの閑談 | トラックバック(0)
フロリダにて卒寿
夫の祖父母に会いにフロリダへ行ってきました!夫の祖父はもうすぐ90歳(卒寿)なので、そのお祝いを兼ねての久しぶりの訪問。

リタイアしたユダヤ人=フロリダ…というステレオタイプにのっとり(笑)、NY出身の夫の祖父母が定年後にフロリダへ移住したのは、もう20年以上も前。常夏の州・フロリダはとっても住みやすいようで、一緒に連れて行ってもらったレストランでも、ユダヤ人のお年寄りが大半を占めているようでした。


日本に住んでいた頃、常に海が身近にあったせいか、あまり「海」に魅力を感じないのですが、とりあえずビーチにも行ってみました(笑)。でもやっぱりビーチよりも、道沿いの椰子の木の種類の多さに興味を引かれた私…。

前回、婚約の報告を兼ねて訪ねた時には、私の英語力にかなり問題があったので話が弾まなかったのですが、今回は思い出話をいろいろと聞きだすことに成功♪♪

二人が結婚したのは、夫の祖母が17歳の時で、駆け落ち同然だったとか(笑)。第2次大戦中に海兵だった夫の祖父は、軍の食事で人生初めて食べたベーコンがなんだか分からずに、脂身を取り出して食べたとか(笑)。(※ユダヤ教では豚肉を食さない教え。)


祖父母の家の近くに住んでいる夫の「いとこ」家族にも会って、家族サービス満載。前々から「夫にはCousin(いとこ)が多いなぁ」と思っていたのですが、最近になってCousinには「親戚」という意味があることを知った私。道理で、「Cousin=遠縁」で使っている夫とは話が通じなかったはず(笑)。

豪華絢爛だと噂の、「いとこ」のおうちを見る機会がなかったのが残念…。
[2009/05/09 13:01 ] | 理系オンナの閑談 | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。