スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
はじめに自己紹介
生まれも育ちも神奈川県。

潮風の届く小中学校で、やんちゃな子供時代を過ごした後は、ルーズにミニスカ、それに厚化粧と、三拍子揃った高校生活。指定校推薦で受験戦争を回避し、ちゃっかり都内の大学に進学。

入学一週目にして、交換留学生だったムダオ(夫)と出会いました。場所は奇しくも、大学の格技場。

何やら頭の小さな生物がいるなぁ』とムダオの方をチラ見していただけ、というのが私の言い分なのですが、「ボクをじっと見ていたよね」と言い張るムダオ。これに関しては、現在も和解されぬまま…(笑)。


遠距離恋愛+近距離恋愛を経て、私が大学四年の頃には、大学院留学の話が持ち上がり、2005年夏に渡米、そして、大学院に入学。2007年夏に環境工学科で修士号をとり、現在は、米企業でエンジニアとして働いています。

英語や欧米文化に特に興味もなかったため、「その国にいるときはその国の言語で話すべし」と自分を正当化し、ムダオとの日本での交際期間は、100%日本語で乗り切りました。なので、アメリカに住んでる現在は、英語で苦労中の身(泣)。


2008年4月に、二人で初めて家(中古)を購入。以来、『修理』と称して、"Home Improvement Projects"が家中至る所で敢行されています。無駄に広いので、直すところも沢山あります(笑)。

アメリカ人業者さん達の仕事ぶりに呆れつつも、自分の家が変わっていくのを見るのはとても楽しいもの。週末にDIYもどきをして、さらに自己満足度を高めている昨今です。

スポンサーサイト
[2008/12/27 12:46 ] | はじめに | コメント(0) | トラックバック(0)
ようやく解禁
Master_Shower_1

今から半年ほど前、新居に移ってすぐに取り掛かったマスターバスの改築作業。そしてその内のひとつが、Stand-Up Showerのタイル張り替え。でもこのシャワー、リノベが終わった後ずっと封印されていました。

封印されていた理由。それは、タイル間を埋めるグラウト(日本語では目地??)が所々ひび割れて、そこから水が浸透していってるような気がしたから。

特に水漏れが目に見えているわけではないものの、グラウトがカビてしまうのではないかと心配し出すと、止まらない性質の私。ああでもないこうでもないと、自分達でグラウトをやり直したり、シーラーを塗りなおしたり。

これで直った!』と思ってシャワーの水を流すと、何だかまだグラウトが濃くなる(つまり水が浸透している感じ)。…ということを何回か繰り返し、半ば諦めて、別の浴室を使う日々を送っていました。

先日、行きつけの美容院で紹介してもらった大工さんに、このシャワーを直してもらって、やっと解禁されたシャワー。

Master_Shower_2

実は、まだグラウトが所々濃くなるんですが…。とりあえず今は、大目に見ることにします(泣)。
[2008/12/30 07:52 ] | 新居生活<バスルーム> | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。