スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
家事分担、改良中。
「家の中が散らかってくると、ストレスが溜まる」 
実はこれ、最近になってようやく気がついた自分の習性。
Taniku

そう言えば昔から、<基本の生活リズムを乱さないこと>大重視だった私。大学時代にCaliforniaのSan Diegoで短期遊学(笑)していた頃…寮で友達と盛り上がっていても、次の日の朝に授業があれば、決まった時間になるとサッサと就寝。友達は「ゆうちゃんは自分の生活を乱さないねえ」と呆れ顔…。変なところで一匹狼ぶりを発揮していました(苦笑)。

「基本の生活」の中には、【住】も大きな割合を占めているらしく、家が乱れてくると、自分の芯がぶらつくような感覚に陥ります。これってもしかして「奥さんが家を守ってくれていると仕事に打ち込める」という、古くからの男性心理に繋がるのかも…!?と最近思ったり。
RedDiffuser

残念ながら慎ましやかな奥さんはいないし、自分がなるのはもっと無理な話。今までは週末に「私は掃除機をするから、その後をSwifferでお願い」と夫を巻き込んで掃除していました。(Swifferというのは、日本で言う、クイックルワイパーみたいなもの。)

でも実は、洗濯物(洗濯・乾燥・片付け)は夫の「担当」。夫の洗濯物が私の10倍くらいあることから、本人が言いだしっぺでやり始めたことなのですが…さすがに、この家事分担って不公平!と気付いてしまった私(笑)。ちなみに、料理は二人で共同作業。

今週から、使用頻度が高い1階の掃除を毎日少しずつ、私一人で(!!)することに。これで、「1階の掃除は私が"担当"した!」って胸を張って言えます(笑)。1階はハードウッド・フロアなのでコードレス掃除機とSwiffer両使いで汗知らず…ですが、カーペットの2階と地下室は、重いコード付き掃除機を引きずって、週末に二人がかりで掃除をすることになりそうです。これがちょっぴり憂鬱。

家中のカーペットをハードウッドにしたい…と、またまた目論み中。

写真は、最近仲間入りした癒しグッズたち。多肉植物とアロマ・ディフューザー♪♪
スポンサーサイト
[2009/04/01 12:15 ] | 理系オンナの閑談 | トラックバック(0)
春のアウトドア生活 その2
<デッキ家具の続き>     
春のアウトドア生活 その1

春のアウトドア生活<続>を書こうと思っていたのに、天候に恵まれず、デッキの使用に至らない日々が続いています。「春が来た♪」と浮かれていたのに、大雨だったり、寒かったり…。

でもそんな中、『買っておいて良かった~!』と安堵したのが、デッキ家具用のカバー。この通り、普段はカバーにスッポリ包まれている家具。鳥の落し物など(笑)、外は危険がいっぱいで、晴れている日でも欠かせません。

Deck

クッション付きの家具を、カバーなしでパティオやデッキに置いているのを時々見かけるのですが、一体どうやって綺麗に保っているのか、興味津々。いくら「外用」クッションでも、小心者の私にはとても無理。実際、カバーには汚れが多々。これがクッションに付くかと想像しただけで、恐ろしい…。

Costcoで購入した家具でしたが、専用カバーはセットについていなかったので、カバーはHome Depot(ホームデポ)で購入しました。サイズ違いでカバーを揃えてみたのですが、この超特大サイズのカバーに全部の家具が収まることが発覚!(しかもまだ余裕があります…。)

郷に入っては郷に従え、ということで、【返品天国アメリカ】にいるからには、他のカバーは迷わず返品(笑)。パッケージから出した後、不良品じゃなくても、すんなり返品できてしまうのがアメリカ。こんな時には有難く感じる、この国の大雑把さ。

日本の怪談話が好きだった私。見れば見るほど、後方のパラソルがお化けのように見えます…。
[2009/04/03 11:09 ] | 新居生活<アウトドア> | トラックバック(0)
絨毯を排除せよ。
かつて半分以上が絨毯で埋まっていた、我が家の1階…。リビング、サンルーム、主寝室、そしてなんと、マスターバスルームまで。Closing(=最終引渡し)から引越しまで2ヶ月ほどあったので、その間に絨毯をはがし、ハードウッドを敷くことに。

Hardwood

手前に見える、横向きに走っている一本の板。そこから奥の部分が絨毯があったところ。その手前は、もともとあったハードウッド。「カーペットを剥がす」→「新しいハードウッドを敷く」→「新旧のハードウッドにやすりをかけ表面をうすく削る」→「好きな色で染める」→「セミグロスのコーティングを塗る」という手順で、統一されたハードウッドになりました。

業者さんから「垂直に走る一本がどうしても必要」と言われた時は、どうなることかと気がかりでしたが、意外にもアクセントになって、今ではお気に入りの一本。業者さんとのいざこざも全くなく、初のリフォーム・プロジェクトにしては首尾よく進み、大満足の仕上がり。

そうそう、ハードウッドをサンドする場合は、引っ越す前にやるのが絶対にお勧め!!あらゆる所に木の粉が飛び散り、掃除が大変。うちの場合、ちょうど母が遊びに(というか働きに)来ていて、せっせと掃除してくれたおかげで、救われましたが…(笑)。

最近、何でもかんでも赤茶色に惹かれてしまいます。
[2009/04/05 10:25 ] | 新居生活<リビング他> | トラックバック(0)
古い家具の墓場
3年半前、渡米したばかりの頃に、当面の生活するために買った家具。来たばかりで車もなく、IKEAまでタクシーで通っていたのを思い出します。

Loft

卒業後は日本に帰るだろうと漠然と思っていたので、いい加減に選んでしまったような…。今とは好みも違うし、とにかく安っぽいのが難点。でも、まだ十分に使えるし、捨てられない(笑)。そういう家具は、「とりあえず"あの部屋"に置いておこう」ということに。

Loft

なんとも殺風景なこの部屋は、2階にあるオープンスペース。この部屋に強制送還された古い家具は、ワンルーム・アパートに住んでいた頃のもの。Futon(=ソファーベッド)の上に座ってボンヤリすると、気分は留学時代に逆戻り。


さらに、壁には結婚式の写真、机にはColorado(=プロポーズされた場所)の写真集があり、感慨にひたる場所としてはうってつけ(笑)。でも感慨にひたる以外に、このスペースの用途が見つからず、どうしたものかと考えあぐねているというのも事実…。

このソファーベッド、座り心地は最悪ですが、寝心地は最高です!
[2009/04/07 10:39 ] | 新居生活<リビング他> | トラックバック(0)
解雇 "Being Let Go"
火曜日の昼下がり。同僚が月曜付けで"Being Let Go(=解雇された)"ということ聞きました…。悪い噂を耳にしていたので、青天の霹靂とまではいきませんでしたが、それでも身近な同僚が解雇されたのは初めてで少し動揺しました。

このことを教えてくれた私の元上司は、この解雇は「Workload-Related(=仕事量関連)ではないこと」「リストラではないこと」を強調していました。周りに不安が広がらないようにという配慮だと思います。

それにしても、この経済状況の中の解雇…。何年も前から彼には問題があったのに、なぜ今まで待っていたのか、逆に不思議です。ここまで待ったなら、もう少し経済が回復してからでも良かったのに…なんて思ってしまいます。

その同僚は、スタンフォード大学出身のエリート君。ですが、プロジェクトとは関係のないミーティングは"Waste of Time"と言って出席拒否したり、クライアントの前で上司に反論したり、会社が編み出したデザイン・ソフトウェアに反発したり…と、たくさんの敵をつくってきた人でもありました。実は私にとっても、入社してすぐに苦々しい思いをさせてくれた人でもあります(笑)。

初めてその同僚と一緒に働いたのは、彼が計画したパイロット・スタディーを手助けした時でした。彼が用意したデータシートに記入漏れがあり、それを見つけた彼…。すぐさま大声で、一緒に働いていたKristinaと私に向かって、Fワードを連発。

私が彼の立場だったら、まずは取り返しがつくかどうかを確認したと思うのですが、それもせず、ただSwear(=罵る)したことに驚きました。取り繕えるミスだと私達には分かっていたし、ただただKristinaと目を白黒させるばかりでした(汗)。

仕事場で暴言をはくのは、私の中でありえないことです。職場で他の人が使っていたとしても、それは冗談だったり、自分自身に対してだったりで、決して他人に向けて発する言葉ではないはず…。

この事で、すっかり彼の株は急暴落してしまいましたが、助けを求めれば懇切丁寧に教えてくれる一面もあるし、とにかく頭の回転が速く、博識なので、尊敬している部分もたくさんあります。


人間社会は「仕事をこなせる」だけでは渡っていけないし、「一緒に仕事したい」と思われないと、チームワーク命の会社ではうまくやっていけない、と改めて感じました。何より、彼はこの会社にいて少しも幸せそうではなく、常に文句を言っている…そんな印象があったので、それも良くなかったのだと思います。とにもかくにも、彼に合う就職先が見つかるのを祈るばかりです。

暗いニュースが続く我が家。春よ、来い!
[2009/04/09 13:22 ] | 理系オンナの会社+仕事 | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。