スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
フロリダにて卒寿
夫の祖父母に会いにフロリダへ行ってきました!夫の祖父はもうすぐ90歳(卒寿)なので、そのお祝いを兼ねての久しぶりの訪問。

リタイアしたユダヤ人=フロリダ…というステレオタイプにのっとり(笑)、NY出身の夫の祖父母が定年後にフロリダへ移住したのは、もう20年以上も前。常夏の州・フロリダはとっても住みやすいようで、一緒に連れて行ってもらったレストランでも、ユダヤ人のお年寄りが大半を占めているようでした。


日本に住んでいた頃、常に海が身近にあったせいか、あまり「海」に魅力を感じないのですが、とりあえずビーチにも行ってみました(笑)。でもやっぱりビーチよりも、道沿いの椰子の木の種類の多さに興味を引かれた私…。

前回、婚約の報告を兼ねて訪ねた時には、私の英語力にかなり問題があったので話が弾まなかったのですが、今回は思い出話をいろいろと聞きだすことに成功♪♪

二人が結婚したのは、夫の祖母が17歳の時で、駆け落ち同然だったとか(笑)。第2次大戦中に海兵だった夫の祖父は、軍の食事で人生初めて食べたベーコンがなんだか分からずに、脂身を取り出して食べたとか(笑)。(※ユダヤ教では豚肉を食さない教え。)


祖父母の家の近くに住んでいる夫の「いとこ」家族にも会って、家族サービス満載。前々から「夫にはCousin(いとこ)が多いなぁ」と思っていたのですが、最近になってCousinには「親戚」という意味があることを知った私。道理で、「Cousin=遠縁」で使っている夫とは話が通じなかったはず(笑)。

豪華絢爛だと噂の、「いとこ」のおうちを見る機会がなかったのが残念…。
スポンサーサイト
[2009/05/09 13:01 ] | 理系オンナの閑談 | トラックバック(0)
マスターバスルーム
なぜか、カーペット張りのバスルームが未だに存在するアメリカ…。御多分に漏れず、うちのマスターバスルームにもカーペットが敷いてありました。何となく汚い気がして、スリッパを履いていても爪先立ちで歩いていたほど(笑)。

リフォーム後、タイル張りになって変身したマスターバスルームがこちら。


マスターバスルームには欠かせないと言われているのが、Double Vanity Sinks(2つのシンク)+Stand-Up Shower(個別シャワー)+Jetted Tub(ジェットタブ)。それプラス、私の中で重要項目なのは「個室になっているトイレ」。仕切りも何もなく、浴室にボンッと置いてあるトイレは嫌だったので、必要不可欠(笑)。

あと、浴室の入り口からは見えないようにひっそりとトイレがある場合でも、実は、タブの真ん前、という配置があるので要注意。これだと、トイレを眺めながらお風呂に入る羽目に陥ってしまいます。家探し中に、いくつかの家でそういう配置のバスルームがあり、危うく罠にはまりそうになりました(笑)。

OldMasterBath

こちらは家探しの時に撮った、リフォーム前の写真。カーペット張り+ゴールドの時代遅れのフィニッシュ…(汗)。大きな鏡も壁から外して、小さな鏡を二つにしました。真ん中に一個しかなかったライトも、配線を分けて二個のライトに。

ペイント・電気配線・鏡・タイル・カウンター…全て併せて、計50万円くらいで安く済ませました。でも安いものには、落とし穴。早速、シャワーから水漏れの予感です(笑)。

現在、お直しリフォームを計画中…。
[2009/05/18 10:37 ] | 新居生活<バスルーム> | トラックバック(0)
ホームジムでゴシップ♪♪
引越してすぐ、主寝室のベッド購入と前後して、ジム機器の調達に走った夫と私。特に必要に迫られていたわけでもないのに、一見、理に適わないように思われる、この危行…。

Gym

前に住んでいたアパートやコンドミニアムには共有のジムが備え付けてあり、「ジムがすぐ下にある」という安心感(だけ)で、心の平静が保たれていた私。この怠惰な思考回路を踏まえると、自分が主張した『ホームジム必須論』にも自分で納得。

ホームジムとして活用中なのは、地下にある一部屋。ここには小さな窓が一つしかないので、ゲストルームにするのは気が引けますが、ジムとしては最適です。

Gym

基本、有酸素運動にしか興味がない私は、Elliptical(エリプティカル)のみで満足。エリプティカルは、関節に負担が少ないと言われている楕円の動きを促すマシーン。「関節を痛めるほど運動しないくせに…。」と突っ込む声も聞こえますが、昔から、これ系統のマシーンに首ったけ(笑)。

横にあるのは、夫のウェイト・リフティング関連のもの。重いおもりを段々と増やすと言っていたけど、一向に増えないのは、私と一緒になってジムをさぼっている証拠…。

Gym

最近になって、またジムに通い始めた私たち。何に釣られているのかと言うと、人気のGossip GirlというTVドラマ(…多分、ティーン向け)。一本が45分位で、小難しくなく、でも次回が気になるようなもの、という選考基準に沿って選ばれたもの。

ゴシップ・ガールは、マンハッタンのアッパーイーストサイドにある上流階級の子供が通う名門私立高校を舞台にした、ティーンセレブのスキャンダラスな私生活を描いたドラマ。以前、小耳に挟んでから気になっていた私が、「このドラマをジム用にどうか」と夫に提案。

最初は乗り気じゃなかったのに、意外や意外、今では夫の方が「今日はGossip!」と張り切りまくり(苦笑)。

NYではゴシップ・ガールに出てくる世界が本当に存在するのでしょうか。
[2009/05/26 06:24 ] | 新居生活<ベースメント> | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。