スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
車論争<続>
私が運転免許をとってから3ヶ月が経過。ほぼ毎日、車を運転する生活です。
会社への行き帰りも、夫と時間の調整しなくていいし、仕事帰りにちょっと寄り道もできるし、やっぱり行動範囲が広がります。

今までは、仕事で運転が必要な時、上司に乗せてもらっていたのですが、この間は、クライアントとのミーティングのため、片道40分くらいの離れた浄水場まで一人で運転して行き、現地で同僚と合流。同僚と上司には、"You made it!!"とか"We are all proud of you!"とか言われ、クライアントにも"You are driving now!?"と驚かれ。嬉しいような、悲しいような…。

さて、夫はと言うと…。無事に、あの車を獲得。 参照 →前記事
もちろん、『モーゲージのリファイナンス』と『ガレージの整理』、両方の条件を満たした後で、ですが(笑)。

整理して、2台の車が入るようになったガレージです。

モーゲージ(住宅ローン)のリファイナンス(借り換え)ですが、以前から使っていたローン会社で申請したところ、固定金利が5.875%から5.00%に下がりました。そうなんです、アメリカの住宅ローン金利は、日本と比べて物凄く高い。5%ならまだ低い方で、ちょっと前までは、金利が7%とか普通だったようです。金利0.875%の差は、パーセントでは少しでも、月々の支払いで考えると、夫の車が買える位になります。

モーゲージのリファイナンスで重要なのは、ローン会社から送られてくる不動産鑑定士の方が出す、現在の土地+家の査定額。これが、リファイナンス時のローン元金の残り(principal)より、高くないといけません(最低でも20%)。不動産の価値が下がっている昨今、この条件がクリアできずに、リファイナンスを諦める人もいるようです。

私たちの家の周りでも、Short Sale(任意売却)で売られた家があったりして、うちの家の査定にも響くかなと心配していたのですが、査定額は驚きの結果に。2年前に買った値段より、20%増し(!!)でした。良すぎる査定額に、夫と二人で「これは有り得ないよね」「何かの間違いでしょう」と少し戸惑ったものの、ローン会社から査定額に異論も出ず、問題なくリファイナンスできました。

リファイナンスには、諸々の手数料がかかりますが、うちの場合は合計で6000ドルほどでした。この損失を、『どれ位の期間で取り戻せるか』も、リファイナンスをするかしないかの判断材料になります。例えば、リファイナンス後に月々の支払いが600ドル安くなるのであれば、10ヶ月で手数料を取り戻せる、という計算です。

(オマケ) 最近可愛がっているサボテンの写真

(オマケ) キッチンのシンク近くにひっそりと佇んでいます
スポンサーサイト
[2010/04/05 00:47 ] | 理系オンナのアメリカ修行 | コメント(3) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。