スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
憤るご近所さん
街中を車で走っていると目に入ってくるのは、数々の"HOUSE FOR SALE"の看板。たくさんの家が売りに出ていて、今やアメリカは買い手市場の真っ只中…。

Signs

我が家があるのは、9軒の家(似たつくり)が集まった小さなSubdivision(=住宅地の一画)。その中の一軒が、今年の1月頃から売りに出ています。私たちが買った時(1年弱前)よりも、800万円ほど安い価格設定…。不動産大不況。家の値段がどんどん下がっています。

この家が売れた場合、周りの家の価値もその売値を元に決まってしまうので、近い将来に家を売ろうとしていた他の住民達に不安は飛び火。

先日のHOA(Homeowners Association=マンションで言うところの理事会)ミーティングでは、「今売り出し中の家が及ぼす影響」についても話し合われました。渦中の家主には前もって、『不動産価値が回復するまでは賃貸に出して、それから売ってくれないか』という提案がされていたようですが、家主の答えはNOのようでした。

現状のSubdivisionの決まりでは【賃貸禁止】になっているので、「ルールを変えよう!」という動きまで出ていて、なかなか興味深いミーティングでした。

このSubdivisionの運命を左右する家から今後も目が離せません(笑)。

9軒しかないSubdivisionの内の2軒が同時に売りに出るという噂も!オソロシイ…。
[2009/03/16 20:33 ] | 理系オンナの閑談 | トラックバック(0)
トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。