スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ダブル水漏れ (その1)
我が家には、三つのFull Bath(シンク・シャワー・バスタブ・トイレ)と一つのPowder Room(シンク・トイレ)があり、合計すると「3.5 Bathrooms」。そのうちの二つのシャワーから、同時期に水漏れが発見されて、生き残っているシャワーが一つだけ…となり、かなり焦りました。

二つの水漏れのうち一つは、地下にあるバスルームのシャワーヘッドの辺りから。Plumber(配管工)に相談したところ、「シャワーヘッドとパイプの接続部分を確認してみると良い」とのことだったので、恐る恐る壁の中にある接続部分を覗いてみたところ、見事、水漏れ発見(笑)!!

どうやら、シールテープ(テフロンテープ)無しで、パイプとシャワーヘッドが接続されていた様子で、水が漏れるのも納得。シールテープというのは、パイプの接続部分にある、ネジとネジの隙間を埋めてくれるもの。薄くてヘロヘロのテープですが、雄ネジ部分に「適量」巻きつけてから、雌ネジに接続させると、隙間がなくなり、水が漏れなくなります。今回、この「適量」がなかなか掴めず、何度もやり直しましたが(汗)。

Seal Tape

興味がある方は、Wikipediaへ。シールテープ

人生で初めてテフロンテープの存在を知ったのは、大学時代、卒論のための実験装置を組み立てていた時。「まさに文明の利器!」とまじめに感動したのを覚えています(笑)。

もう一つの水漏れは、かなりシビア…次回をお楽しみに♪♪

ちょっとした水漏れに備えて、家にテフロンテープを常備しています。お勧めです(特に在米の方)。
[2009/06/20 22:48 ] | 新居生活<バスルーム> | トラックバック(0)
トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。