スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
Bridesmaid
今秋、大学院時代に仲良かったクラスメートが結婚するということで、Bridesmaid(ブライズメイド)役を引き受けることになりました。卒業後、全米+国外に散らばってしまったクラスメートが多い中、彼女は、卒業してからも同じ街に残っている数少ないクラスメートの一人。

彼女はタイ人で、婚約者はアメリカ人なので、こちらでの結婚式の後、タイでもお披露目をするそうです。夫の付き添いで、もう何度もアメリカで結婚式には参列させてもらったことがあるものの、「自分の」友達の結婚式は、今回が初めて。粗相のないように頑張らないと(笑)。

ブライズメイド、本当は、独身女性じゃないといけないようですが…私って、既婚(苦笑)。私含め、四人のブライズメイドは、結婚式のテーマカラーのお揃いドレスを着る予定です。


私と夫の結婚式は、私がまだ大学院生の時でした。勉強で忙しかったのをいいことに、結婚式準備は夫に丸投げ(笑)。全く、結婚式にこだわりのない花嫁だった私…。

期末テストが終わった翌日に、ハワイ州マウイ島へ慌ただしく飛び立ち、着いて翌日には、リハーサルメイク(結婚式前日)。「お肌がお疲れですね~」とメイクの人にも指摘されてしまった覚えがあります(涙)。

結婚を急いだ理由は、『就職活動に有利になるのでは、と思ったから』という何ともロマンスに欠けるもの。外国人(私)がアメリカ人と同じポジションを争うからには、障害をなるべく少なくしないと…アメリカ人と結婚していれば、「永住権」を申請・取得することができるので、企業が「就労ビザ」をサポートする必要がなくなります。英語力の差を埋められるような経験もなかったので、藁にもすがる気持ちでした。

就職のことがなかったら、卒業後すぐに結婚していたかな…それとも、まだ結婚していないか…。夫と会ってなかったら、絶対にアメリカで生活していないだろうし、人生、どう転がるかわからないものです(笑)。

母が日本へ帰国したので、ペイントも休止中。というかサボり中。
[2009/08/17 08:00 ] | 理系オンナの閑談 | トラックバック(0)
トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。