スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
地下のWisdom計画 〔続〕
<参照記事>    
地下のWisdom計画

実は続きがあった、地下のWisdom計画。地下ゲストルーム(現在はポーカールームとして使用中)を塗りなおす計画で、もうかなり前に仕上がったものの、すっかり怠けて記録せず…。


将来は、落ち着いた雰囲気の大人用ゲストルームにしたいので、ファミリールームで使ったWisdom色より、一段暗い色を選ぼうと決めていた私。かたや、どんな部屋でもベージュなどの「無難な色」が正解だと思っていて、「Neutral! Neutral!!」が口癖の夫。

こんな時、頼りになるはずの母は、『夫婦の間には入らない』が信条らしく、「どっちでもいいと思うわ~」と、我関せず。毎年、一年の4分の1を実娘宅で過ごす母としては、賢明な選択なのか(笑)。どうやら、夫と母は、近すぎず遠すぎず、気を使わなくてもいい関係を保っているらしい。

夫の親が3ヶ月滞在していたら、どうなるか…。夫の母は穏やかな人だし気難しくないので大丈夫そうだけど、夫の父はShort‐Tempered(気が短い)だし、こだわりの多い人なので、難しそう。実の息子である夫でさえ、「お父さんはムリ」と言っているし、将来どうなることやら。


結局、私がいつもの頑固ぶりで意見を押し通したため、緑がかった暗めの色に落ち着きました。上の写真だけだと、前の色(ベージュ)からの変化が全くわからないけど、途中過程の写真(下)を見ると、緑なのがハッキリ。


この写真は、枠の周りなど、細かい部分をハケで塗り終えたところ。もちろん、労働者は母(笑)。私は仕事から帰ってきたら、母の一日の成果を見て、感謝の言葉を織り交ぜつつも、アレコレ指示するという鬼娘役にすっかり納まってしまいました。

この後、「明るくなるように」と思って、私が自信満々に選んだホームジムの部屋の色が、缶を開けてみてビックリ、目も眩むようなオレンジ色。以来、色選びに関しては、おとなしく夫の言い分を聞くことに決めました(笑)。
[2009/09/06 01:15 ] | 新居生活<ベースメント> | トラックバック(0)
<<前のページ | ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。