スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
解雇 "Being Let Go"
火曜日の昼下がり。同僚が月曜付けで"Being Let Go(=解雇された)"ということ聞きました…。悪い噂を耳にしていたので、青天の霹靂とまではいきませんでしたが、それでも身近な同僚が解雇されたのは初めてで少し動揺しました。

このことを教えてくれた私の元上司は、この解雇は「Workload-Related(=仕事量関連)ではないこと」「リストラではないこと」を強調していました。周りに不安が広がらないようにという配慮だと思います。

それにしても、この経済状況の中の解雇…。何年も前から彼には問題があったのに、なぜ今まで待っていたのか、逆に不思議です。ここまで待ったなら、もう少し経済が回復してからでも良かったのに…なんて思ってしまいます。

その同僚は、スタンフォード大学出身のエリート君。ですが、プロジェクトとは関係のないミーティングは"Waste of Time"と言って出席拒否したり、クライアントの前で上司に反論したり、会社が編み出したデザイン・ソフトウェアに反発したり…と、たくさんの敵をつくってきた人でもありました。実は私にとっても、入社してすぐに苦々しい思いをさせてくれた人でもあります(笑)。

初めてその同僚と一緒に働いたのは、彼が計画したパイロット・スタディーを手助けした時でした。彼が用意したデータシートに記入漏れがあり、それを見つけた彼…。すぐさま大声で、一緒に働いていたKristinaと私に向かって、Fワードを連発。

私が彼の立場だったら、まずは取り返しがつくかどうかを確認したと思うのですが、それもせず、ただSwear(=罵る)したことに驚きました。取り繕えるミスだと私達には分かっていたし、ただただKristinaと目を白黒させるばかりでした(汗)。

仕事場で暴言をはくのは、私の中でありえないことです。職場で他の人が使っていたとしても、それは冗談だったり、自分自身に対してだったりで、決して他人に向けて発する言葉ではないはず…。

この事で、すっかり彼の株は急暴落してしまいましたが、助けを求めれば懇切丁寧に教えてくれる一面もあるし、とにかく頭の回転が速く、博識なので、尊敬している部分もたくさんあります。


人間社会は「仕事をこなせる」だけでは渡っていけないし、「一緒に仕事したい」と思われないと、チームワーク命の会社ではうまくやっていけない、と改めて感じました。何より、彼はこの会社にいて少しも幸せそうではなく、常に文句を言っている…そんな印象があったので、それも良くなかったのだと思います。とにもかくにも、彼に合う就職先が見つかるのを祈るばかりです。

暗いニュースが続く我が家。春よ、来い!
[2009/04/09 13:22 ] | 理系オンナの会社+仕事 | トラックバック(0)
ボディービルダーな彼
仕事でお世話になっている、上司+相談役のEd、55歳。

噂によると、30代で付き合っていた女性との間で相当苦い想いをしたらしく、今までずっと独身。アメリカ人の好きなサーカズム(皮肉)を使って面白く、安定した仕事にもついていて、離婚暦なし、子供なし。郊外に綺麗にリノベされた一軒家もあって、料理も得意。パーティーの時に作ってきてくれるチーズケーキは、皆に大人気…と、いいこと尽くめ。

私と同僚クリスティーナで「結構いいキャッチなのに、なんで今までずっと独身なんだろうね」と話していたりした。「ゲイなのかな」とも考えたけど、そのような素振りも全くない……と思う…。わからないけど。

ちなみに、頭はスキンヘッド。髪の毛を下手に残すよりは、潔くて好感度大。日本では、スキンヘッド向きの頭の形の人が少ないのか、社会的に許されてないのか、アメリカで見るほど見かけない気がします。

毎日のようにジムに足しげく通っていて、ストイックなことで知られているEd。ある日、少し照れながらボディービルディングショーに出場すること教えてくれたので、職場の仲間と観に行くことに。男性陣に声をかけたところ、皆行くのに激しく抵抗。結局、女性陣だけで繰り出すことになりました(笑)。

異常に筋肉が盛り上がっている人達は出てこない、【ドラッグフリー】限定のショー。引き締った体の出場者たちは、年齢や身長に基づいたグループに分けられ、自分で選んだ音楽に合わせて、様々なボーズを披露します。観客を楽しませて盛り上げようとする振り付けもあれば、ありきたりな振り付けもあって、個性が出るところ。


Edは、50歳代トータル部門では3位、オープン+トール部門では4位と、かなりの健闘♪


続きに、今年の夏、ボディービルダー大会に、初めて出場したEdの写真を載せておきます。
続きを読む
[2009/10/23 11:01 ] | 理系オンナの会社+仕事 | トラックバック(0)
ついに2009年の目標達成
新年、明けましておめでとうございます。
もう明けてから、半月以上経ってしまいましたが…。どうぞ今年もよろしくお願いします。

日本からアメリカへ戻ってきたのが、12月の初旬。2週間以上も会社を休んで、のうのうと日本で暮らしていたので、仕事モードに戻るのに少し苦労しました。特に、英語。舌が(いつも以上に)動かなくなっていたので…。日本語を喋る時は、口をそんなに動かさなくてもいいのに、英語って何でこんなに疲れる言語なのか。少しでも油断すると口が的確に動かなくなって、同僚が「ナニイッテルノ???」という顔をするので、自分が粗相したことがすぐわかります(涙)。『意識せずペーラペーラと英語を話せる日は来ない』と覚悟しているものの、苦労せず英語を話している同僚たちを見ると、やる瀬ない…。

そんな中、母から「私たち(父・母・姉)、年末年始ハワイ行くことにしたけど、一緒に来る?」と誘惑を受け、軽度のホームシックにかかっていた私はすんなり承諾。アメリカ人同僚の多くは、クリスマスから年始まで休むことが多いので、それに紛れてまたもやお休み。有休が残っていない夫には留守番をしてもらって、ハワイで日本人らしくショッピング三昧で気分転換。ハワイから戻ってからは、ホームシックもなくなって、アメリカの日常生活に戻れました。

さて、2009年にたてた目標の一つが、アメリカで運転免許の獲得。これ、会社で毎年行われる<能力向上プロセス>の正式な2009年のゴールの一つだったのに、年内には終わらず(汗)。

10月中旬からようやくマニュアルを読み出し(いつも出だしが遅い)、記憶がある内にすぐに筆記テストに臨み、ギリギリ合格。(3年程前受けた時は、ここで挫折。)筆記テストに受かるとすぐに、日本で言う『仮運転免許』がもらえて、路上で運転練習できます。夫は自他ともに認める<運転ベタ>なので、11月からプロに運転レッスンをしてもらいました(1回2時間、3回で450ドル位)。

12月に日本から帰ってきてから実技テストを受けようと思っていたら、「もう予約いっぱいですよ。一番早くて、1月の初旬しか空いていません。」と電話のお姉さんにピシャリ。2010年に入って、もう一度プロにレッスンをしてもらい、1週間ほど前に受けた実技テストで合格できたので、ついに運転免許取得できました!!

日本で免許を取ったけど、縦列駐車の仕方なんて完璧に忘れていたので、プロのレッスンを受けて良かったなと思います。テスト中のコツなんかも教えてもらえるし。でも、ドライビングスクールを通して頼んだ3回のレッスンと比べると、スクールを通さず頼んだ最後1回のレッスンは半額(笑)。びっくりでした。

夫が虎視眈々と2台目の車を買う機会を狙っています。
[2010/01/24 01:20 ] | 理系オンナの会社+仕事 | コメント(2) | トラックバック(0)
<<前のページ | ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。